ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 5)/藤子・F・不二雄、ジャレックス

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


まんがドラえもんを英訳した「DORAEMON ENGLISH COMICS」シリーズ。併記されている日本文と英文を見比べながらお話しを楽しめます。今回第5巻目で4巻までの累計が10万8千部。大好評です。



◆感想


 「英語 de ドラえもん」でっす。
 すこーーーーーしずつではありますが、アルファベットに慣れてきました。
 この調子なら来年の年末くらいには良い感じになっていそうです。

 kyou mo ganbaru ze!p(−−)q


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、日高屋さんのチゲ味噌ラーメンが販売開始しましたね。

 基本的に期間限定ものを追いかけることはしないのですが、
 日高屋のチゲ味噌ラーメンとすき家のニンニクの芽牛丼だけは
 シーズン毎に必ず食べています。

 2、3回食べると何となく満足しちゃって
 お店の前を通っても「また今度で良いかな」と思うのですけどね。

 しばらく期間が空いて「む!今日は食べたい気分だ!」と思って行くと
 既に販売終了しているとろまでが毎シーズンの恒例です(−−ゞ

 ということで昨日の晩御飯はチゲ味噌ラーメン半チャーハンセットでした。
 今日の晩御飯もチゲ味噌ラーメン半チャーハンセットになる予定です。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 12:32 | その他

ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 4)/藤子・F・不二雄、ジャレックス

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


日本文と英文との並列表記でわかりやすく、その上、自然な日常会話の英語表現が勉強になると評判です。今回は、「オオカミ男クリーム」を始め、「とりよせバッグ」「ゆうれいの干物」など、計18作品を収録!



◆感想


 アイ ライク ドラえもん。

 ドラえもん イズ ベリー オモシロイ。

 いえー!\(≧▽≦)/

 私の英語力は、そんな感じです(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、過去の自分に盛大に騙されました(ノ∀`)

 結構前に私が作ったシステムなのですが、
 データベースに接続するときに使うパスワードが
 設定ファイルに書いてあってですね。

 当時の私は「パスワードが、そのまま見えたら危ないよね」と考えたらしく、
 設定ファイルに書かれたパスワードに対して特定の操作をやったものを
 実際のパスワードとして使っていました。
 例えば、設定ファイルに書いてあるパスワードが「piyo」だとしたら、
 すべてのアルファベットを1つずらして
 「qjzp」が本来のパスワード、みたいな感じです。

 これを、すっかり忘れていてですね(−−ゞ

 画面からデータベースの操作をするときに、
 設定ファイルに書いてあるパスワードをそのまま入れて
 「あれ?パスワードが違うって怒られるぞ?(−−;」と悩んでしまいました。

 一瞬、過去の自分に対して「分かりやすく書いておけよ!」と思いましたが、
 分かりやすく書いておいたら、そんな処理を入れている意味がなくなりますからね。
 悩ましいところです(−公−)

 今日のお話は「利便性と安全性は両立しがたいことがある」というテーマでした。

 ちなみにドラえもんは便利なやつですが、
 安全なやつではありませんよね。

 「地球はかいばくだん」をはじめとして、
 ガチの武器をその身に仕込んでやがりますから。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 14:09 | その他

ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 3)/藤子・F・不二雄、ジャレックス

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


3月22日発売の第1巻、5月31日の第2巻に続くシリーズ第3巻目。「のび太の恐竜」を始め、ドラえもんのゆかいな作品を英語で楽しめます。英語文のふき出しの外に日本語訳があるので英語学習にとても役立ちます。



◆感想


 英語に触れる機会を意識的に増やしているので読んでみました。
 ドラえもん好きだし(*´ェ`*)

 対訳つきなのでストレスなく読めました。
 こうやって少しずつ英語に触れる機会を増やして、
 なんとなく英語の文章を読めるようになろうと思います。

 ちなみに私は、高校受験のときの日本史を
 『まんがでわかる日本の歴史』で勉強した人です。

 嫌々やって完全に止めちゃうよりは、例え効果が薄いやり方でも、
 ストレスなく続けられる方がお得だと思っています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、上でも書いた通り、英語に触れる機会を増やしているのですが、
 最近は『わわわIT用語辞典』をGoogleさんで翻訳して読むのが
 マイブームになっています。

 やり方は難しくありません。

 まず、Googleさんの言語の設定とか国の設定を
 「English」とか「United Kingdom」とかにするのですね。
 そうすると検索結果に「Translate this page」みたいなリンクが
 出てくるようになります。

 あとは適当に『わわわIT用語辞典』のページが検索結果に出るように検索して
 「Translate this page」のリンクをポチっと押すだけです。

 そうすると、私が書いた日本語のページが
 Googleさんによって英語に翻訳されて表示されます。

 これを読むのですが……なんと!
 英語なのに書いてある内容がバッチリ把握できるのです\(−−)/

 そりゃーそうですよね。
 元の日本語の文章は私が書いたのですから。
 書いてある内容は最初から把握しています。

 そんな状態で読むので、英語をスラスラ読めている気分が味わえますし
 「へー、この言い回しは英語だとこうなるのか」とか分かりやすいですし、
 (IT系の文章なので)ITに特化した英単語がガンガン出てくるので
 この先、英語の技術書を読むときとかに役立ちそうだしで
 「勉強してるぜ!身についてるぜ!」感が、かなりあります。

 ということで英語を勉強中で趣味のブログとかをやっている人は
 自分のブログを英訳して読んでみるのも良いと思いますよ。
 結構、楽しいです。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 02:49 | その他