吃音の世界/菊池良和

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


言葉に詰まること=悪いこと?自ら吃音に悩み続けてきた医師が綴る、自分を受け入れ、他者を受け入れるヒント。



◆感想


 少しだけかもしれませんが
 自分に縁のない世界を垣間見れました。

 吃音に限った話ではありませんが、
 当事者じゃないと分からないことが多く、
 当事者にとっては深刻ですよね。

 少し自分の視野が広がった気がしました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、もうすぐ8月が終わりますね。
 今月はまだ月末処理をしていません。

 別に来月にズレこんでも問題はないのですが
 何となく落ち着きませんからね。

 今日、明日中には終わらせます(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:菊池良和
posted by ササキマコト at 07:55 | その他

三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾/近藤康太郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


書くとは、考えること。書きたく、なる。わたしに“なる”ために。「朝日新聞」名物・名文記者の技巧25発。



◆感想


 表紙の印象から、文章の書き方講座みたいなのを予想していたのですが
 実際には(文章の書き方を題材にした)エッセイのような内容でした。

 個人的には「ですます調」と「である調」が混在していて
 ちょっと読みにくかったです。
 意図的に切り替えているのは分かりますけどね。
 文字の色なり書体なりを変えて、
 切り替えを分かりやすくしてほしかったです。
 だらっと読んでいると急に口調が変わるので、ちょいちょい戸惑いました。

 あと、私は著者の方と何の面識もありませんが、
 多分、私はこの方が生理的に嫌いです。
 特に不愉快なことが書いてあるわけでもないのに、
 読んでいると少しずつムカムカしてきました。
 論理的な理由が思い浮かばなかったので
 生理的に嫌いなのでしょう。

 そう感じるくらいには、著者の考えや人間性が見える文章でした。
 表現力は高いのでしょうし、勉強になる人はなると思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて今日は充実した一日でした(*´ェ`*)

 ……ねむっ(つ_−)

 今日は早めに寝ます。
 おやすみなさいませ(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:近藤康太郎
posted by ササキマコト at 21:40 | その他

思い通りに人を動かすヤバい話し方/Dr.ヒロ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


僕本書は、元マルチ商法トップセールスから、人気YouTuberになった著者が相手を思い通りに動かすために必要な、・洗脳スキル・ポジショニング・印象操作・話し方や聞き方のコツ・コミュニケーションの上達法・厳選された使える心理効果など、すべてのスキルを公開。仕事や人間関係、営業・セールス、プレゼン、雑談から恋愛などに使えるテクニックを紹介します。



◆感想


 個人的にはあまり良い印象を持っていないジャンルですが
 どこかで誰かがオススメしていたので試しに読んでみました。

 ふむふむ、なるほど(−−)

 良くも悪くも、それっぽいですね。
 言葉の端々に胡散臭さが感じられたのと、
 説得力を演出するために話が回りくどいところが気になり、
 生理的に受け付けませんでした。

 ビジネスの場とかで、こんな感じの人が出てきたら
 真っ先に警戒します。

 とはいえ、本書の内容を考えたら、最適解かもしれません。

 胡散臭い人が胡散臭いことを胡散臭く書いています。
 胡散臭いことの舞台裏(の一部)を覗き見たい人は
 読んでみても良いと思います。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて「本を読むデー」が終わりました。
 結果は2日で5冊でした。

 むぅ(−公−)
 読むのが遅くなっている気がする。

 まぁ、楽しめたので良しとします(−−)

スポンサーリンク

タグ:Dr.ヒロ
posted by ササキマコト at 07:59 | その他