人外サーカス/小林泰三

◆本の内容


とある理由により吸血鬼たちがサーカス団員を皆殺しにするために襲い掛かってきて、サーカス団員たちが自分の持てる技能を駆使して対抗する話です。



◆感想


 まず「あれ(−−?」となって、次に「あっ、そーゆーことね(−∀−)」となり、
 さらに読み進めると「むむむ?どーゆーことじゃ?(−公−)」となり、
 最終的には「あぁ、まぁ、そうなるよね(−−ゞ」となりました。
 読んでいる途中のワクワク感が半端なかったです。

 印象は少しだけ『からくりサーカス』と被りました。
 多分、設定が少しだけ似ているからでしょうね。
 敵が自動人形(オートマタ)と吸血鬼という違いはあれど
 どちらもサーカス団員が敵と戦う話です。

 ミステリーとしてのネタはありがちな気もしますが、
 個人的には楽しめました。
 面白かったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、眠いです(−−)Zzz・・
 原因は分かりませんが、無性に眠いです(−−)Zzz・・
 昨日は結構、寝たはずなのですけどね(−−ゞ

 まぁ、無理して起きている理由もないので寝ます(−−)ノ
 早目の晩御飯を食べて、さっさと寝ます(*´ェ`*)ノ

 何時に目が覚めるかは「神のみぞ知る」状態ですが、
 仮に12時間寝てしまっても目が覚めるのは4時です。
 寝坊して明日の予定に支障をきたすことはないと判断したので、寝ます(−−)☆

 寝るぞー!\(≧▽≦)/

 それでは、おやすみなさいっ(O__)Oぱたっ


 (O__)O Zzz・・・

スポンサーリンク

タグ:小林泰三
posted by ササキマコト at 16:12 | 小説

絶対正義/秋吉理香子

◆本の内容


確かに殺したはずなのに……。既に死んだはずの同級生から招待状が届いた。彼女は異常なまでに正義感が強く、些細なことでも法を犯すことは絶対に許さない。そんな彼女と友人関係を続けながらも、疎ましく思っていた。確かに殺したはずなのに……。この手で殺したはずの彼女から招待状が届いた。みたいな話です。



◆感想


  う〜ん。
 同じ著者の『暗黒女子』と『放課後に死者は戻る』が面白かったので
 期待して手に取ったのですが……。

 イヤミスから「ミス」を取り除いたような内容でした。
 読み味は湊かなえさんとかと似ています。
 女の怨念ドロドロ系が好きな人は楽しめると思います。

 どんでん返し系のミステリーを期待して読んだのでイマイチに感じましたが、
 人間の怖さを描いたホラー?と捉えて読めば評価は変わったかもしれません。
 私には合いませんでしたが、好きな人は好きなはずです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、清々しい朝ですね(−−)Zzz・・
 今週前半は比較的まったりと過ごしました。
 後半は「キリッ(−−)☆」と頑張ります。

 ということで、まずは早起きをしてみました。
 これだけで「キリッ(−−)☆」とした気分になれるから、お得です。

 まぁ、眠いのですけどね(−−)Zzz・・

 この眠気は、お昼寝で解消します。
 眠くなったら堂々とお昼寝できるのが
 今の生活の素敵な点のひとつです(*´ェ`*)

 サラリーマン時代はコソコソお昼寝してたからなぁ。(嘘)
 ※この「(嘘)」は「コソコソ」にかかります。

スポンサーリンク

タグ:秋吉理香子
posted by ササキマコト at 07:02 | 小説

東京結合人間/白井智之

◆本の内容


裏表紙のあらすじに『生殖のために男女が身体を結合させ「結合人間」となる世界。結合の過程で一切嘘が吐けない「オネストマン」となった圷は、高額な報酬に惹かれ、オネストマン7人が孤島で共同生活を送るドキュメンタリー映画に参加する。しかし、道中で撮影クルーは姿を消し、孤島の住人父娘は翌朝死体で発見された。容疑者となった7人は正直者のはずだが、なぜか全員が犯行を否定し…!?特殊設定ミステリの鬼才が放つ、狂気の推理合戦開幕!』と書いてある本です。実際の内容は……(−m−;



◆感想


 「あらすじの内容をこれにするのは反則だろ!(ノ∀`)」と思うのですが、
 どこがどう反則かを書くとネタバレになってしまいそうです。

 嘘をつけないはずの人たちしかいない状況で殺人が起こり、
 全員が「自分が犯人ではない」と主張する。
 誰も嘘をつけないはずなのに何で?!……という話だと思ったのですけどね。
 実際には……(−m−;)

 個人的には楽しめましたが、人は選ぶ作品です。
 残酷描写が少なからずあります。
 そこら辺が苦手な人は読まない方が良いと思います。

 帯の推薦文に「相当な危険物につき要注意!」と書いてありましたが、
 まさしく「危険物」とか「劇物」と表現するのがピッタリな作品でした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はちょっくらブックオフ巡りをしつつ
 美味しい物を食べ歩いてきました。

 余は満足じゃ(*´ェ`*)

 ということでリフレッシュはバッチリです。
 今週後半はキリッと過ごします(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:白井智之
posted by ササキマコト at 15:12 | 小説