5分で読める! 怖いはなし

◆本の内容


怖い話の、しょーとしょーと。



◆感想


 正直な感想を書いて良いものか、とても迷うのですが……(−−ゞ
 まぁ、いいや。

 怖くなかったです(−。−)ぼそっ

 元々ホラー系の作品で「きゃー!(>д<)」となるタイプではないので
 そのせいだとは思いますけどね。

 私は映画とかの怖い話が(ビビるから)得意ではないのですが、
 本の怖い話も(怖く感じないから)得意ではなかったりします。

 ショートショートだからと手に取ったのが敗因でした(ノ∀`)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、よく頑張っています(−−)☆
 自画自賛ですが、よく頑張っています(−−)☆

 素晴らしい!\(−−)/
 そんな素晴らしい君に、ご褒美をあげよう!(−−)σ ビシッ!

 ということで、自分へご褒美をあげることにしました。

 どんなご褒美にしようかな〜、ぐふふ(^m^)
 ご褒美を考えるのが楽しくて仕方がありません(*´ェ`*)

 そして気付きました。

 この幸せな気持ちこそが、ご褒美だと。

 こんな幸せな気持ちが味わえるのは頑張ったからです。
 これをご褒美と呼ばずに何と呼ぶ?!

 ということで、今回のご褒美は、これで終了です(−−)

 最近、ちょっと自分に甘い気がするので、
 もう少し追い込んでからご褒美を与えることにします。

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 15:51 | 小説

水仙の夢:竜宮ホテル/村山早紀

◆本の内容


作家の水守響呼と妖怪少女のひなぎく、その他、個性豊かな面々が暮らす竜宮ホテルの物語です。ほっこり癒されるシリーズ3作目は短編集です。「水仙の夢」「椿一輪」「見えない魔法」「雪の精が踊る夜」の四篇が収録されています。



◆感想


 このシリーズに限った話ではありませんが、
 この方の作品は、ほっこりさせてくれますね(*´ェ`*)

 そこまで大事件というほどの大事件が起きるわけではありませんが、
 それなりに盛り上がりどころもあり、読んだ後は優しい気持ちになれます。

 殺伐とした話が苦手な人や、心がお疲れ気味の人は
 読んでみても良いと思います。

 あっ、そうそう。

 物語としては独立していますが、出版順に読んだ方が楽しめます。
 登場人物が個性豊かでキャラが立っているのですが、
 本作では完全に脇役な人たちも、他の作品では大活躍したりします。
 そこら辺の背景を知ってから読むと、より楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2週間ほど前に受けた健康診断の結果が出たようなので
 聞きに行ってきました。

 ドキドキする結果は……。


 ……(−−)


 (ほぼ)健康体\(−−)/ばんざーい


 個人的に少し気になったのは尿酸値ですね(−−ゞ

 基準値が3.4〜7.0mg/dlらしいのですが、
 私の値は6.8mg/dlでした。

 専門的なことは分かりませんが、
 尿酸値が高いと痛風になる(可能性が上がる)そうで(−−;A

 正常値の範囲内ではあるのですが、少し高めな気がします。
 何に気を付ければ良いのかイマイチ分かっていませんが
 何となく気を付けるようにしようと思います。

 とはいえ、気になったのは、それくらいです。
 あとの数値は全部バッチリ?正常値の範囲内に収まっていましたし、
 特に注意が必要そうなこともありませんでした。

 貧弱だけど健康体です(−−)☆

 そうそう。

 今回、空いてる時間帯を狙っていったつもりだったのですが、
 待ち時間が30分くらいあったのですよね。

 結果の説明に要した時間は30秒でした(−A−)

 問題ないから説明が短いわけで、嬉しいといえば嬉しいのですが
 何となくのモヤモヤを抱えて家路につきましたとさ。

スポンサーリンク

タグ:村山早紀
posted by ササキマコト at 07:24 | 小説

叙述トリック短編集/似鳥鶏、石黒正数

◆本の内容


タイトルに偽りなし!叙述トリックな短編集です。



◆感想


 面白かったです。

 叙述トリックって、トリックのバリエーションが多くないのですよね。
 読者に誤認させる必要があるので、
 アレとかアレとかアレとかに勘違いを仕込んでいるのが大部分です。

 本書もその例からは漏れていませんでした。
 そのため叙述トリック物を読み慣れている人には
 意外性が少ないかもしれません。

 ですが、それでも面白かったです。
 「叙述トリックで読者を楽しませてやるんだ!」という心意気が感じられて
 素直に楽しめました。

 まぁ、イマイチな話もありましたけどねっ(−。−)ぼそっ
 全体として「買って良かったな〜」と思えました。

 個人的には「背中合わせの恋人」が好みです。
 読んでいて「ニヤニヤ(^皿^)」しちゃいました。
 叙述トリック抜きでも好きな類の作品です。

 あっ、そうそう。

 あと、地味に注釈が面白かったです。
 さり気ないユーモアがあって箸休め的に楽しめました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近カツオのタタキがマイブームなのですけどね。
 今日スーパーでカツオのタタキの切り落としが売っていました。
 端っこの方だけを集めて安く売ってるアレです。

 美味かったです(−q−)じゅるり

 焼けている部分が多いので、
 カツオのタタキのつもりで食べると
 少し微妙に感じるかもしれませんけどね。
 おつまみとして捉えるとオツな味です。

 個人的にはカツオのタタキ本体よりも好きかもです。

 何より安いし!\(−−)/

 100グラムの価格がサクの半値以下なんですよ。
 驚きの安さです。

 ということで、またスーパーで見つけたら
 速攻でゲットしようと思います(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 01:38 | 小説