小説版 まんがでわかる7つの習慣/山神碧

◆本の内容


7つの習慣―成功には原則があった!』のエッセンスを詰め込んだビジネスマンガ『まんがでわかる7つの習慣』の小説版です。



◆感想


 「商魂たくましいな!Σ( ̄◇ ̄;」と思ったので読んでみました。

 『7つの習慣』はビジネス書界隈では名作と呼ばれています。
 自己啓発書を手に取る人は取りあえず読んどけよ、な本のひとつです。

 でも、結構ぶ厚いので読むのに気合がいるのですよね。

 そこで『7つの習慣』のエッセンスを取り込んだビジネスマンガが作られました。
 それが『まんがでわかる7つの習慣』です。

 でも、マンガだと読むのに抵抗がある人もいるらしくてですね。

 本書は、そんな人に向けて作られた
 『まんがでわかる7つの習慣』の小説版だそうです。

 凄いですよね。
 素材から最後の一滴まで出汁を絞りつくそうという気合が伝わってきます。

 ということで、本書は

 1.『7つの習慣』を、いきなり読むのはキツい
 2.マンガだと軽すぎてイヤ

 な人が『7つの習慣』の雰囲気を感じるのに良い本です。

 本書で雰囲気をつかんで、さらに興味が湧いたら
 『7つの習慣』を読めば良いのではないでしょうか。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は早起きさんです(−−)

 (−−)Zzz・・

 早起きさんです(−−)

 お風呂に入って服も着替えて完全に活動できる状態なのですが
 二度寝したくてたまりません。
 ベッドが私を呼んでいます。

 しかし!

 そんな誘惑を振り切って、私は今日もキリっと活動するのです(−−)☆

 ……とか書いて無理やりテンションを上げないと意識を失いそうなくらい眠いです。
 完全に睡眠のリズムを間違えました(つ_−)

 まぁ、寝ませんけどね!

 今日も1日、頑張りまっす(−−)Zzz・・

スポンサーリンク

タグ:山神碧
posted by ササキマコト at 07:33 | ビジネス書

死刑にいたる病/櫛木理宇

◆本の内容


冴えない大学生活を送っている俺のところに一通の手紙が届いた。それは収監中の連続殺人鬼・榛村大和からのものだった。幼いころに大和と面識があった俺は面会に向かう。そこで俺は大和から頼まれた。「立件された9件の殺人のうち、最後の1件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」と。何故か引き受けてしまい、調査を始めた俺だったが……。結末は残酷。読み進めるごとに印象が変わる(少しだけ)イヤミスです。



◆感想


 「面白かった!」と叫ぶほどではありませんが、面白かったです。

 読み進めるごとに少しずつ印象が変化していきます。
 最後まで読むと、最初に感じた印象からは遠く離れた場所に行きついていました。

 どこかで劇的なことが起きるわけではありませんが、
 ちょっとずつ浸食されていく感じが上手いと思います。

 アレがアレなんてアレですね。
 面白い部分がネタバレになって書けない感じです。

 後味は良くありませんでしたが、
 落としどころとしては妥当だと思います。

 イヤミス系が好きな人は楽しめるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、やる気の神様が張り切っております。

 ……が、身体の方がついてきません(−−;

 やる気の神様は「さぁ!あと10時間ほど行ってみよう!」とか
 言ってくれちゃっているのですけどね。

 脳みそが疲れたっ(O__)Oぱたっ

 まぁ、せっかく来てくださったので、やりますけどね。
 適度に休憩を挟みつつ、やる気の神様と戯れようかと思います。

スポンサーリンク

タグ:櫛木理宇
posted by ササキマコト at 13:52 | 小説

11枚のとらんぷ/泡坂妻夫

◆本の内容


奇術ショーの最中に演者の女性が消えた。「私の人生でも最も大切なドラマが起こりかかっている」という言葉を遺して。ショー終了後、その女性が自宅で死んでいるのが見つかった。彼女の屍体の周りには、奇妙な品物が複数残されていた。その品物は奇術小説「11枚のとらんぷ」に対応しているという。一体、誰が?何のために?みたいな話です。



◆感想


 評価が高かったので読んでみました。

 マジックの話が中心です。
 途中に作中作という形でショートショートなジョークミステリーが挟まれていました。

 いろいろ練られていて「上手い」小説だとは思いました。
 「面白い」小説かと聞かれたら個人的には微妙です。

 トリックありきでトリックを成立させるために逆算して構成されているせいか
 登場人物たちが舞台装置のように感じました。

 読み終わった後には「おぉ〜、なるほどね〜。上手い!」と思いましたけどね。
 読んでいる最中のワクワク感は少なかったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、中だるみデーを設定したお陰か
 やる気の神様が「いよぅ、元気?(−−)ノ」と遊びに来てくださいました。

 良いタイミングです。

 ちょうど週末なので、土日は、引きこもり本気モードで
 パソコンをペチペチしようと思います(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:泡坂妻夫
posted by ササキマコト at 09:23 | 小説