時限病棟/知念実希人

◆本の内容


目が覚めると廃病院にいた。廃病院に拉致・監禁された5人の医療関係者が、謎のピエロからの指示に従い、2件の殺人事件の「真相」を探りながら出口を探す物語です。クローズド・サークル物のデスゲームなミステリーです。



◆感想


 『仮面病棟』の続編です。
 物語自体は独立していますが世界観がつながっています。
 前作を読んでいなくても読むのに支障はありませんが、
 前作を読んでからの方が余計な疑問を感じなくて済むと思います。

 個人的には前作より面白かったです。
 舞台設定がシンプルでデスゲームとミステリーの両方を楽しめました。
 特に、あの人が実はあの人だったなんて
 まったく予想ができませんでしたよ。
 「うわ〜、そっかー!なるほどね〜(ノ∀`)」となりました。

 ということで、確かな満足な読書タイムになりました(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、別に風邪を引いたわけではないのですが、
 お腹が痛くて鼻水がじゅるじゅるで……これ、風邪だろ!Σ( ̄◇ ̄;

 ということで、風邪を引いたっぽいです(−−;

 症状としては

 頭痛
 ↓
 鼻水
 ↓
 喉の痛み
 ↓
 くしゃみ
 ↓
 鼻水
 ↓
 腹痛(胃痛?)
 ↓
 鼻水

 と推移しています。

 ちなみに腹痛(胃痛?)は、風邪の症状なのか、葛根湯が身体に合わなかったのか、
 栄養をつけようと思ってニンニクを多めに食べたのが原因なのかは
 分かっておりません(ノ∀`)

 まぁ、何にせよ、ドンマイです。
 ちょっくら、やることが溜まっているので
 ポカリをがぶ飲みしながら1つずつ片付けていこうと思います(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 10:37 | 小説

仮面病棟/知念実希人

◆本の内容


外科医の速水秀悟が病院の当直バイトをしていたらピエロの仮面を被った強盗犯が乗り込んできて、自分が撃った女の手当てを要求してきて、治療が終わったら警察に通報できないように病院内に軟禁されて「あー、どーすんべ」と思っていたら一緒に軟禁されている院長先生や看護師さんの態度がおかしくて「あれ?」と思っているうちに病院に隠されていた「ある秘密」とピエロの目的が明らかになっていく話です。クローズド・サークル物の長編です。



◆感想


 全体的には面白かったです。
 王道と言えば王道な展開ですが引き込まれました。

 その代わり……と言って良いのか分かりませんが
 仕込まれているネタは素直です。
 ミステリーを読み慣れている人は、ある程度、想像がつくと思います。

 私も名前に仕込まれた小ネタ以外は途中で分かってしまいました。
 そのため、ラストの謎解きシーンは「あぁ、やっぱり」の連続でした。

 ということで、読んでいて、いろいろと粗を感じました……が、
 それでも「次作も読んでみようかな」と思うくらいには面白かったです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は歯医者さんの定期検診デーです。

 ……が、ここ数日、体調が思わしくなくてですね(−−;
 昨日は鼻水が出てきて喉まで痛くなり出しました。

 これは……風邪?(−−;

 いかん、いかん。

 慌てた私はGoogle先生で「風邪 引きはじめ 対処」とかのキーワードで調べ
 葛根湯なるものが良いと載っていたので早速買ってきて
 生まれて初めて葛根湯をくいっと飲んでベッドに潜り込みました。

 そうしたら、いつも以上に汗がダラダラになりました。
 一晩寝たら身体の中が浄化されたようです。

 よし、治った\(−−)/(←プラシーボ効果)

スポンサーリンク

タグ:知念実希人
posted by ササキマコト at 07:20 | 小説

文豪たちのラブレター/別冊宝島編集部(編集)

◆本の内容


太宰治、芥川龍之介、夏目漱石……「文豪」と呼ばれる人たちが綴った恋文を白日の下にさらした問題作です。あの世の文豪たちがこれを見たら、きっと頭を抱えて悶絶することでしょう。THE・大人の黒歴史。



◆感想


 (文豪たちにとって)鬼畜な本ですな(ノ∀`)

 たかが恋文、されど恋文。
 作家の個性が出ていて、とっても面白かったです。

 「あら、(あいつのくせに)意外と真面目な内容じゃないですか(−−ゞ」
 「堅い!ダイヤモンドより堅いよ!その恋文!( ̄д ̄)」
 「おっさん、ストーカーかよ(´・ω・`)」

 思いのほか、楽しませていただきました(笑)


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、実は先日、東京に行く用事があったのですけどね。
 帰りは身体がヘロヘロになっていたので
 生まれて初めて禁断の秘技を使ってしまいました。

 東海道線のグリーン車(−−)b

 時間帯は19時頃です。
 新橋に通っていたこともある私は知っていますよ。
 帰宅ラッシュの東海道線(横浜方面行)の恐ろしさを(−A−)
 普通に潰れちゃいますよね、アレ。

 ということで座って移動できる誘惑に勝てなかったのです。
 新幹線のグリーン車は乗ったことがあるのですが、
 普通の電車のグリーン車は生まれて初めて乗りました。

 いや〜、それにしても最近は便利ですね。
 なんかPASMOを置いてポチポチやったら、グリーン券?が買えました。

 「グリーン車に乗るぞ!」と決めたのが発車数十秒前だったのですが
 それでも間に合いましたからね。
 素晴らしい!

 これで心置きなく「出張帰りのデキるビジネスマン」ごっこができます(−−)☆
 出張帰りでもデキるビジネスマンでもないけど。

 ちなみに、座席を確保したら、上の方にある読み取り機に
 ピッ!ってやる必要があります。

 私はそんな手続きが必要なんてこれっぽっちも知らなかったので
 何もせずにボーっと座席に座っていたら
 グリーンアテンダントのお姉さんがやってくれました。

 「出張帰りのデキるビジネスマン」ごっこをしていたつもりでしたが、
 実際には「はじめてのグリーン車」ごっこだったようです(−−ゞ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 08:21 | その他