もののけ本所深川事件帖 オサキ鰻大食い合戦へ/高橋由太

◆本の内容


時は江戸。オサキと呼ばれる妖狐?に憑かれている周吉の周りで起こる事件の物語です。今回は、火付けで高価な掛け軸を燃やされてしまった奉公先のために、周吉が鰻の大食い大会に出ます。賞金百両目当てで。『もののけ本所深川事件帖 オサキ江戸へ』に続くシリーズ第2弾です。



◆感想


 このミスではありますが、ミステリーっぽい雰囲気はないですね。
 周吉とオサキのキャラ、2人の掛け合い漫才とドタバタっぷりを楽しむ本です。
 そのため、刊行順に読んだ方が楽しめると思います。
 ストーリー的なつながりはありませんが、
 人間関係などが把握できていた方が楽しめます。

 私は本作もキャラ物として楽しませていただきました。
 個人的には、蜘蛛ノ介さんの物騒・飄々キャラが好きです。
 あの人の峰打ちは、おっそろしーですね。
 実際にいたら、近寄りたくない人No.1です。

 あとはラストの余韻を残した終わり方が好みでした。
 描写としてはあっさりしていますが、ほっこりした気分になれました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ日常生活に帰った人が多いのでしょうか(笑)
 まだ正月休みを満喫している人は楽しんでください。
 日常生活に帰ってきた人は、おかえりなさい。

 とはいえ、今週いっぱいくらいは休みボケ解消ですかね。
 今週で態勢を整えて本格的に動き出すのは来週から、というのを
 期待しています。

 2017年に入ってから、あれやこれやとやっていますが、
 お仕事に対するやる気の神様が、まだ降りてきていません。
 今週はお仕事関係の連絡が来ませんよーに(−人−)

スポンサーリンク

タグ:高橋由太
posted by ササキマコト at 13:51 | 小説

消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京/柴田よしき

◆本の内容


同居人の突然の暴走によって何故か東京に連れてこられた正太郎は、そこで殺猫事件&殺人事件に遭遇します。しかも、事実上の密室状態です。ぶっちゃけ、殺人事件はどうでもいいのですけどね。殺猫事件の犯人は許せません。ということで、正太郎は事件の調査を開始します。猫探偵正太郎シリーズ第2弾?です。



◆感想


 『ゆきの山荘の惨劇―猫探偵正太郎登場』の続編です。
 ストーリー的なつながりはありませんが、
 できれば前作から読んであげてください。

 前作を読むことによって、登場人物たちのキャラ設定や
 本シリーズの暗黙の了解的なことが分かります。
 それらを踏まえてから本作を読んだ方が
 ストレスなく読み進められるはずです。
 てか、前作を読んでいないと糸山さんや山県さんの立ち位置が
 分からないと思います。

 正直、ミステリーとしては微妙な気もしなくもなかったのですが、
 人情話(猫情話)として楽しめました。
 無駄にハードボイルドな雰囲気です。
 でも猫だから可愛いです。
 ミステリーのくせに、しんみり、ほっこり、させられました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ正月休みも終わりな雰囲気でしょうか。
 2017年の日常が始まりますね。
 仕事が始まると、毎年「あれ?今って平成何年?」となるのですが
 今年は大丈夫です(−−)☆

 いーな鶏肉(17酉29)

 で覚えました。
 ちなみに「17」は「2017」の「17」ね。

 これで西暦2017年、酉年、平成29年の記憶はバッチリです。

 みなさんも真似して、いーですよ(−∀−)(笑)

スポンサーリンク

タグ:柴田よしき
posted by ササキマコト at 15:34 | 小説

ふたり狂い/真梨幸子

◆本の内容


妄想と悪意、純愛と殺人、登場人物それぞれが自分の想いに従って行動し、それらが複雑に絡み合う。法廷とTV業界、デパ地下メンチカツ売り場、とあるマンションが舞台のイヤミス連作短編です。



◆感想


 それぞれの話が複雑に絡み合っていて……複雑に絡み合い過ぎていて、
 よく分かりませんでした。
 私は、作者が本書にこめた意図を、きちんと読み取れていないと思います。
 そのせいか、読み終えた後の満足感はイマイチでした。

 それぞれの短編によって登場人物が異なりますが、
 それぞれの話の登場人物が他の話にも登場したり、
 前の話が次の話でニュースとして登場したりして、
 結果として1冊で1つの大きな物語になっています。

 ただ……ややこしい(−A−)
 「こんなの、相関図がないと分からんだろ」と思い、
 読み終えた後にネットで人物相関図を探したのですが、
 それを見ても、いまいちピンと来ませんでした。

 結局、どーゆーこと(−−?

 ということで、私の読解力不足もあり、
 私にとってはイマイチに感じる作品でした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あけましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 新しい一年が始まりましたね。
 2017年のキャッチフレーズを、さっさと決めようと思います。

 う〜ん(−−)

 う〜ん(−−;

 う〜ん(−公−;

 決めた!(−−)☆

 2017年のキャッチフレーズは「がむしゃら2017」に決めました\(−−)/

 実はこれ、2014年のキャッチフレーズと一緒だったりするのですけどね(ノ∀`)
 何となく「うぉ〜!今年は、やったるぜ〜!」な気分なので
 これに決めました。

 2017年は酉年です。

 ぴよぴよイヤーです。

 でっかい花火を打ち上げたるじぇいっ\(≧▽≦)/


 ……夜空の星にならないようには気を付けます(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:真梨幸子
posted by ササキマコト at 12:37 | 小説