血の季節/小泉喜美子

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


青山墓地で発生した幼女惨殺事件。その被告人は、独房で奇妙な独白を始めた。事件は40年前の東京にさかのぼる。戦前の公使館で、金髪碧眼の兄妹と交遊した非日常の想い出。戦時下の青年期、浮かび上がる魔性と狂気。そして明らかになる、長い回想と幼女惨殺事件の接点。ミステリーとホラーが巧みに絡み合い、世界は一挙に姿を変える。



◆感想


 同じ著者の『弁護側の証人』が面白かったので読んでみたのですが
 私には合いませんでした。

 裏表紙の「ミステリーとホラーが巧みに絡み合い」という文章を読んで
 「なるほど。ホラーなんだけどミステリーしているんだな」と予想したのですが
 実際には「ミステリーなのかホラーなのか分からない」作品でした。
 解釈が読者にゆだねられています。

 個人的にはハッキリとした結末が提示されない話は好きではありません。
 なんとなくモヤモヤ感が残るので。

 ということで、私にとってはイマイチでした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて「住民税を納めてちょーだいな」という案内が来たので
 心を無にして、うん十万円払ってきました(´−ω−`)

 別に不満とかはありませんよ(´−ω−`)
 正当に支払うべきものを納得して支払っただけですから(´−ω−`)











 (´−A−`)けっ

スポンサーリンク

タグ:小泉喜美子
posted by ササキマコト at 15:21 | 小説

サービスの達人たち :おもてなしの神/野地秩嘉

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


「予約が取れない」銀座の寿司屋を切り盛りするベリーショートの女子親方、「声のマッサージ」で運転手を癒す高級車レクサスのオペレーター、「二十四時間、年中無休」で毎日千人の客が来る大繁盛の立ち食いそば屋の店主…。10人のプロフェッショナルの働く姿勢と素顔から、サービスの最前線が見えてくる。大切なのは“感動”を提供すること―。大好評シリーズ、文庫オリジナルで登場。



◆感想


 基本的にノンフィクション系はあまり好きではないのですが
 思っていたよりも楽しめました。
 食わず嫌いはいけませんね。

 読んでいて頭に浮かんだのは「神は細部に宿る」です。
 デキるプロフェッショナルな人たちは、
 普通の人が気にしないような細かい部分にまで心を配り、
 良い意味でこだわっています。

 ひとつひとつは、ちょっとしたことだったりするのですけどね。
 それらを常に意識し、高いレベルを維持するのは大変なはずです。

 その大変なことを当たり前のようにこなし、小さな違いを積み重ねることが
 大きな成果を出す秘訣のひとつなのだろうと感じました。

 実際に身になったかは分かりませんが、
 何となく「キリッ(−−)☆」とした気分になれました。
 私も(マイペースで)頑張りますp(−−)q


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、集中力が続かなくなっています(´−ω−`)

 昔は休憩を挟みながらなら10時間とかぶっ続けでやれたのですけどね。
 最近は5時間もやると飽きてしまいます。

 特に脳みそを使う作業は以前に比べて長時間やれなくなりました。
 ある程度の時間やると、一気に精度が落ちてしまうのです。

 ということで、そろそろ作業のやり方を見直そうかと考えています。
 昼間と夜の2部構成とかにしてみようかな(−−ゞ

 ダメだったら戻せば良いだけですしね。
 いろいろ試してみようと思います(−∀−)

スポンサーリンク

タグ:野地秩嘉
posted by ササキマコト at 03:54 | その他

意味が分かると震える話 (5分シリーズ+)/藤白圭

◆本の内容


一見すると何でもないけど裏に潜む真実に気付くと怖くなる小咄と、その解説です。見開き2ページで右側のページに小咄、左側のページに解説が載っています。



◆感想


 玉石混交でした。

 サクっと読めて捻りが効いている面白い話もありましたし、
 ネタがバレバレで手抜きっぽく見える話や
 解説に納得がいかない話もありました。

 「霊」「殺」「妖」「凶」「謎」「超」の6章立てになっていますが
 「謎」だけは個人的にハズレです。
 デキの良くないクイズみたいな話ばかりでした。

 それ以外の章は比較的、好みです。
 シリーズを追いかけるかは微妙なところですが、
 暇つぶしに読む分には悪くないと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、6月に入りました。
 6月は年間を通して一番お金が出て行く月だったりします。
 住民税だったり国民健康保険だったりサーバ代だったりの支払いが
 まとめて来る月なのです(つд`)・°・。

 仕方ないことだと頭では分かっていますけどね。
 やっぱり貯金が減るのはションボリします(´−ω−`)

 ということで、6月は心を無にして乗り切ろうと思います(´−ω−`)

 住民税?払うよ、払う(´−ω−`)

 国民健康保険?はい、どーぞ(´−ω−`)

 サーバ代?バッチこーい(´−ω−`)

 美味しい物?食べる♪食べる♪(´−ω−`)

 新刊がいっぱい出てる?まとめて全部、買っちゃおう(´−ω−`)


 6月は年間を通して一番お金が出て行く月です。
 心を無にして乗り切ります(´−ω−`)

スポンサーリンク

タグ:藤白圭
posted by ササキマコト at 05:05 | 小説