おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典/今泉忠明、下間文恵、徳永明子、かわむらふゆみ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


笑えて、ちょっとためになる!生き物たちのおどろきの真実。思わずつっこみたくなるいきもの122種。



◆感想


 なんでしょう。
 くすっと笑える不幸話を聞いているときのような面白さでした。

 「ざんねん」と評するのはいかがなものかと思える内容だったり
 科学的根拠に乏しい噂レベルの内容だったりもありましたけどね。

 こどもに生き物に対する興味を持ってもらうには良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近、積読が増えてきています。
 読みたい本があると、つい買っちゃうのですよね(−−ゞ

 別に買っただけで満足しているわけではないのですが、
 私の中で読書は娯楽に分類されているので、
 やることが多いと読むのが後回しになっちゃうのです。

 とか言いつつ、昨日も買っちゃいました(−∀−ゞ

 良いのです。
 本は腐らないのですから。

 そんな言い訳を自分にして、日々、積読の山を高くしていっています。
 さすがに、そろそろ一気に消化しようかな(−−;

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 06:58 | 小説

リバース/湊かなえ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある“クローバー・コーヒー”に通うことが唯一の楽しみだ。そんな穏やかな生活が、越智美穂子との出会いにより華やぎ始める。ある日、彼女のもとへ『深瀬和久は人殺しだ』と書かれた告発文が届く。深瀬は懊悩する。遂にあのことを打ち明ける時がきたのか―と。



◆感想


 久しぶりの湊かなえさんです。
 何となくイヤミスが読みたくなったので手に取りました。

 ふむふむ、なるほど。
 客観的に見ると面白かったです。

 実は途中で最後のオチに予想がついてしまったのですが、
 それは私の知り合いに同じような人がいるからでしょう。
 そうでなければ最後に「お目目ポーン(; д )°°」になっていたと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ8月も後半戦ですね。
 8月末にはプチ旅行の予定が入っているので
 それに向けて頑張っています。

 やっぱりですね。
 自営業だと休むときに漠然とした不安が生まれるのですよ。

 そんなときに「あれだけ頑張ったんだから遊んで良いぞー!」と自分に言えると
 「まぁ、いっか。ガッツリ遊ぶべ(*´ェ`*)」な気分になれます。

 ということで心置きなく遊ぶためにもガッツリ頑張りまっす(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:湊かなえ
posted by ササキマコト at 00:41 | 小説

歴史はバーで作られる/鯨統一郎

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)


研究家もびっくりな、歴史の新説がこのバーの掛け合いから次々生まれる! 大学で歴史を学ぶ安田学が喜多川教授ととあるバーに行くと、いつもいつも美人バーテンダー・ミサキと市井の歴史学者・村木老人がグルになって、とんでもない議論を吹っかけてくる。 義経は偽者にすりかわっている!? 八百屋お七の真の目的? 銅鐸が作られた理由!? バカバカしくて、どれもまったく受け入れられない……ハズなのに、いつも押し切られそうになるのはナゼ?



◆感想


 どうやら私は思考実験的な話が好みではないようです。
 ついでに、歴史ものもそんなに得意ではないのですよね(−−ゞ

 好きな人は好きなのかもしれませんが
 個人的な好みからは外れていました。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、おニューのキーボードを買ってきました(−−)☆
 今まで使っていたキーボードは酔っ払ってしまいましたからね。

 細かいキー配置が微妙に違うので少し違和感がありますが
 そのうち慣れるでしょう。

 ちなみに私がキーボードを選ぶときの基準は……ズバリ!値段です。
 安ければ安いほど良い(*´ェ`*)

 理由は、キーボードを消耗品だと思っているのと
 使い勝手を気にしていないからです。

 作業環境を整えることは大事なので、
 自分の使いやすいキーボードを極めるのも良いとは思いますけどね。

 お仕事柄、お客さまのパソコンを触る機会も多いので、
 どんなキーボードでもそれなりに作業できるようにしておく必要があるのです。

 ということで、キーボードとマウスには、こだわりを持たないようにしています。
 強いて言えば、有線が良い(無線だと電池切れが困るから)くらいです。

スポンサーリンク

タグ:鯨統一郎
posted by ササキマコト at 02:02 | 小説