マンガで分かる心療内科 依存症編(ネット・スマホ・ゲーム・ギャンブル・ポルノ) /ソウ、ゆうきゆう

◆本の内容


マンガで分かる心療内科シリーズ、今回のテーマは「依存症」です。ネットやスマホ、ゲーム、ギャンブルなど「ついつい、やってしまう」「止めようと思っても止められない」ことのメカニズムをマンガで分かりやすく解説します。



◆感想


 まぁね。
 本を読んだくらいで依存症が治れば苦労はありません。

 とはいえ、知っていると知らないでは大きく違います。
 知って、自覚して、意識することが
 依存症を治すためには必要なのではないでしょうか。

 本書は「依存症とは何ぞや?」がマンガで面白おかしく説明されています。
 興味があるけど堅苦しい本を読むのが苦手な人は
 読んでみても良いと思います。

◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、コタツ布団を新調しました(−−)☆

 我が家のコタツ布団は掛布団が薄手の生地のやつで
 敷布団が穴が開いてボロボロになっていました。
 「今シーズンは新しくしなくちゃなぁ」と前々から思っていまして、
 数日前のクソ寒かった日に勢いでネットでポチったのです。

 それが昨日の朝、届きました(*´ェ`*)

 ……が、ここ数日、そこそこ暖かくないっすか?(*;´ェ`*)

 ということで、おニューのコタツ布団は
 いまだダンボールの中で出番を待っています。

 何気に寒くなるのが待ち遠しかったりします(^^ゞ
 きっと、ぬくぬく暖かいんだろうなぁ(* ̄∀ ̄*)

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 01:28 | その他

殺し屋、やってます。/石持浅海

◆本の内容


僕は殺し屋。依頼を受けてから3日以内に引き受けるかを決め、引き受けたら原則として2週間以内に実行することにしている。今日も今日とて仕事をこなすが……はて。ターゲットや依頼人のとる行動が気になって仕方がない。深夜になると公園で黒い水筒を洗う女、独身なのに子供用紙おむつを買う男、母親同伴で殺人依頼に来る男、彼・彼女は一体何をやっているのか?人が死ぬ日常の謎系ミステリー連作短編です。



◆感想


 軽い読み味でしたが独特の空気感があって面白かったです。
 個人的には好きです。

 奇妙な出来事とそれに対する推理が読みどころですね。
 登場人物や物語に入れ込んで読みたい人は楽しめないかもしれません。
 俯瞰で見て楽しむタイプの作品です。

 多少の個性は与えられているものの登場人物は記号です。
 話自体も比較的、淡々とした雰囲気で進みます。
 単調とも言えますし様式美とも言えます。
 水戸黄門みたいなものです。

 殺し屋が主人公なので日常の謎系の癖に人が死にます。
 話の本筋とは外れますが、そのミスマッチに笑ってしまいました。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、3連休が終わりましたね。
 きっと、しょんぼりしている人もいるでしょう。

 ファイトですp(−−)q

 他人事だと気軽に応援できますね。
 私は何気に3連休は頑張りモードでした。
 これからグータラモードに入ります。

 俺、このブログの更新が終わったらグータラするんだっ。

スポンサーリンク

タグ:石持浅海
posted by ササキマコト at 06:09 | 小説

ワル猫先生の4週間 仕事術講座/玄秀盛

◆本の内容


とある理由からダメダメ営業マンの家に喋るネコが住み着き仕事に関していろいろアドバイスしてくれる物語を通して、営業に関するあれやこれやを学ぼうな本です。



◆感想


 小説系というか講義系というか、そんな感じです。
 『夢をかなえるゾウ』と印象が被りました。
 もちろん題材とか中身は違いますけどね。
 全体的な構成というか狙いが似ているように感じました。
 あの手の話が好きな人は本書も楽しめると思います。

 中身は、主人公が営業職のせいか営業に関する話が中心でした。
 対人間のあれやこれやですね。
 人と接する仕事が中心の人は役に立つかもしれません。

 あと話の本筋とは関係ありませんが
 ワル猫先生がブサ可愛かったです(*´ェ`*)
 個人的には好きなキャラです。

◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近キーボードに恵まれていません(−A−)
 Ctrlキーを押すと引っかかって戻らなくなることが増えたので
 新しく買ってきたのですよ。

 ところがどっこい、今度のキーボードは「N」のキーの反応がよろしくありません。
 たまになのですが、押しても入力されなかったりします。
 今も「たまに」が「たまい」になりました。
 ちくしょっ。

 当面は、このまま使いますけどね。
 ストレスが溜まるようだったら、もう少し高いキーボードに変えようかなぁ(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:玄秀盛
posted by ササキマコト at 07:58 | ビジネス書